タイトル
ふじわら歯科医院TOP  >  床矯正歯科

床矯正歯科

負担が少なく、痛みがない矯正

当院では、歯を抜かない矯正「床矯正」をご提案しています。

床矯正ってどんな矯正?

発育途中にある子どもの「あごの骨」を正常に発育させ、
歯を抜かずに自然に美しい歯列に矯正します。
比較的費用が安く、経済的にも負担の少ない矯正法です。

イメージ画像

子どもの時期の矯正は負担が少なく矯正できます。
自分で着脱可能な矯正器具を使用します。

なぜ矯正が必要なの?


イメージ画像 歯並びが悪いと虫歯になりやすいだけでなく、
実は歯並びの問題は顔の問題なのです。

10歳前後の成長期のタイミングに、
正しい骨の成長を助けることで、
歯列も顔貌も本来の良いバランスを
取り戻すことができます。

治療の最適なタイミングは、6〜10歳!※個人差があります。

歯を抜かない矯正治療(床矯正)の場合は、
治療開始は、前歯の生え変わる時期の6〜10歳が
最も良いタイミングです。

歯を抜く矯正と抜かない矯正、なぜ抜かない方がいいの?

費用的なことや痛みがないことはもちろんですが、
本来あるべき歯を抜いてしまうことで、あごの発育に問題をきたしてしまうことがあります。
「抜歯」は、その後の顔貌の発育に悪影響を与えてしまう恐れがあります。
一度抜いてしまった歯をもとに戻すことはできないので、
慎重に選択する必要があります。

歯を抜かない矯正「床矯正」にはメリットも多いですが、逆にデメリットもあります。

  • 1.歯を抜かなくてよい
  • 2.自分で取り外しができるので、歯磨きなども困らない
  • 3.痛みがない
  • 4.早期治療は費用が安く、治療に要する時間が短くてすむ等


  • 1.自分で取り外しができるので、本人のやる気がなければうまく治療できない
  • 2.大人の歯が並びきってしまうと、治療に要する時間が長くかかる等



▶▶「床矯正の流れ」のページヘリンク

▶▶「床矯正研究会」のホームページヘリンク(外部サイト)

一覧はこちら
2014年08月04日
お盆期間の休診
2014年07月20日
夏休み
2014年06月20日
臨時休診のお知らせ
2014年06月05日
歯と口の衛生週間
2014年04月27日
GWの診療日のお知らせ